アジア書林 asia shorin

☆アジアの“本と音楽”の専門店 「アジア書林」 店主の日記&お気に入り!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年待ったウンクワンのアルバム

ew4.jpg

ウンクワン・ワランヤーのデビューアルバム
「Poo Ying Tummada Tee Kla Ruk Ter」
ようやく手に入りました~♪

ずいぶん長く待たされましたが
6年待った甲斐がありました!
本当に素晴らしい楽曲群と
ウンクワンの歌唱力の高さ
アーチャンボーイ率いる
スーパーバンドとの息の合った
三位一体のグルーヴ感がたまらない!

想い返せば...
2011年8月リリースの名盤アルバムの
7曲目「Kon Kunlung Noi Jai」に
(本作:12曲目に採録。)
魅了されてから、いつ出るのかと
首を長くして待っていた日々...

ew1.jpg

そして、忘れようにも忘れられない...
2012年3月18日開催の
第8回「ルークトゥンマハナコンアワード」で
最優秀アルバム賞に輝いた
『Grammy : Sen Tarng Sai Kid Hord』
に収録されてる、その素敵な曲
「Kon kumlung noi jai」を
なんと目の前でナマで聴けた~♪

その後、
2013年4月2日
タイ東北部・アムナートチャルンで開催された
クルー・サラー大先生のバースデーコンサに
参戦した際、はじめて、ウンクワン本人と
お話しすることができ、サイン+2ショット
を撮ることができますますファンになっていきました。
翌年、開催のコンサでも会えて話もでき
アルバムが早く聴きたいと伝えることができた。

ew2.jpg

また、プロデューサーの、アーチャンボーイにも
コンサ終了後、ホテルまで同乗させていただいた
グラミーのヴァンのなかで隣の席で直接、
アルバムのリリースを強く直訴したのですよ!

そういう数々の想い出があるもんですから
余計、今回のアルバムには思い入れがあるのです。
以前のブログにも書いておりますが、
私は、ウンクワンこそが、ターイ・オラタイや
タカテーンの真の後継者だと思っております。
クルーサラーとアーチャンボーイが
天塩にかけてじっくり育て上げた本物の逸材。
今後ますますの飛躍を心からお祈りしたい!

เอิ้นขวัญ วรัญญา ผู้หญิงธรรมดา ที่กล้ารักเธอ
スポンサーサイト

新年あけましておめでとうございます!

CIMG2813.jpg

新年あけましておめでとうございます!

昨年は、ほんとうに、ご愛顧ありがとうございました。
本年も皆さまに愛されるようにがんばりますので、
「アジア書林」を、どうぞよろしくお願いいたします。

今年は、酉年(とり年)ということで、鶏(にわとり)ジャケ、
でも、それだけじゃつまらないので...
トリさんにちなんだ愛聴盤にも登場してもらいました~♪

*多くの良質なR&Rやロカビリーを生み出した
メンフィスのレコード会社の有名なロゴがあしらわれた
ブルースナンバーばかり集めたお気に入りのLP Box Set~♪

*ルーファス・トーマス「Do The Funky Chicken」
いかにも“STAX”産といった、南部臭あふれる
Funkyナンバー揃いのサザンソウル大名盤~♪

*ファンク・インク「Chicken Lickin'」
心地よい~オルガンJazz Funk名盤~♪

*ロス・ロボス「Good Morning Aztlan」
TEX MEX and Latinフレーバーがたまらない
チーカノ・ロックの雄集大成的名盤~♪

*最後にアルバムタイトルに鶏が付く
アメリカン・ルーツロックの2大巨匠に
脇を固めてもらいました~♪
*ライ・クーダ「Chicken Skin Music」
*リトルフィート「Dixie Chicken」

今年も、昨年同様、私は、あまり無理せず
自然体で、マイペースで、走り抜けたいです!
酉年(とり年)だけに...
いろとりどりの文化芸術に親しみたい。

そして何より、五感を働かせ、
そこに行かないと得られない
体験・体感を大切にしていきたいです!

Happy New Year everyone!
May 2017 bring you and your family a healthy,
happy and prosperous year.

สวัสดีปีใหม่แด่เพื่อนทุกคน~!(((o(*゚▽゚*)o)))

全人類に、平等に、同じだけの、365日が与えられます。
どうせなら、楽しく、有意義な日々を送りましょう。
人生は、健康で、楽しんだ人が勝ちなんです!!!
あまり思い悩まず、考え過ぎず、ゆっくりでもいいから、
前に一歩ずつ、進んでいきましょう~~~!!!

サラヴァ 2016

CIMG2814.jpg

サラヴァ 2016年...
来年こそは最良の年でありますように
祈りをこめて~ピエール・バルーを聴く~♪

2016年度、お気に入り書籍ベスト10!

sumahodanjiki2016.png

1.「スマホ断食」
藤原智美(潮出版)

*なんでもかんでもスマホ頼みの
検索三昧生活にウンザリの方...
けっこう多いんじゃないでしょうか?!
実は私も約半年間、スマホ断食いたしました。
頭の中が、スッキリして、疲れ眼も解消。
発想力もアップして~毎日が充実しています!

2.「私の消滅」
中村文則(文藝春秋)

watashinoshometsu.jpg

*デビューからオンタイムで読んできたが、
もう凄いレベルに達してしまってる。
重度の鬱病の女性を愛した精神科医の物語。

3.「ジェリーフィッシュは凍らない」
市川憂人(東京創元社)

jerryfish.jpg

*理科系秀才が』描き出す緻密な表現と
大胆なアイデアが交じり合う密室空間ミステリー。

4.「東京レコード散歩」
鈴木啓之(東京ニュース通信社)

tokyoRecordSanpo.jpg

*昭和歌謡の風景を巡る散歩コラム集。
昭和レトロの感じが残る町並みも
ここにきて、だいぶ、減っちゃったよね...

5.「誰が音楽をタダにした?」
スティーヴン・ウィット(早川書房)

darega.jpg

*田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、
mp3を発明したオタク技術者、
業界を牛耳る大手レコード会社のCEO。
CDが売れない時代を作った張本人たちの
強欲と悪知恵、才能と友情の物語がいま明らかになる。

6.「難民問題」
墓田桂(中公文庫)

nanminmondai.jpg

*苦しむ難民を見過ごしてよいのか、
だがこのままでは社会が壊れかねない。
欧州の苦悩から日本は何を学ぶか...?!

7.「そして、暮らしは共同体になる。」
佐々木俊尚(アノニマ・スタジオ)

sositekurashiwa.jpg

*ほんとうに心地良い暮らしとは???
ゆるい横のつながり、ミニマムライフ、
地産地消社会、食の楽しみ、などなど
自分らしい楽しいライフスタイルがいっぱいです!

8.「コンビニ人間」
村田沙耶香(文藝春秋社)

konbimi.jpg

*正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。
この人の感性や観察眼はマジで鋭い!
2014年度ベストに選んだ「殺人出産」もいい短編集。

9.「大きな鳥にさらわれないよう」
川上弘美(講談社)

ookinatori.png

*SFとも言えなくはないが不思議な世界の物語。
文章の進み方も独特で、どんどん引き込まれる。

10.「ジニのパズル」
雀実(講談社)

jininopazzle.jpg

*ちょと荒削りではあるが、一気読みしちゃった。
静なるパンクを感じる攻撃的な新人の登場だ!

次点.
「AIの遺電子」
山田胡瓜(秋田書店)

AInoidenshi.jpg

*人間とヒューマノイドと産業用AIが
混在して生活している世界が、
ヒューマノイドの苦悩という観点から描かれている!
現在、4巻まで刊行されている。

------------------------------------------------------------------
*2015年12月~2016年12月発売の作品から選考してます!
一応、順番をつけましたが、どれもいい作品ばかりです。
今年は、あっさりコメントver.です...お許しを...。

*長時間の読書をすると、視界のいたるところに
銀色のキラキラが現れてきて、気持ち悪くなってしまうので
今年は、例年に比べ、読書量はぐっと減ってしまった。
摂生の甲斐あって、体調もだいぶ回復してきたので、
来年は、もっと多くの作品世界にのめりこみたいもんだ!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

2016年度、お気に入り音楽ベスト10!アジア編

Blackpink Boombayah

1.「SQUARE one + SQUARE two」
BLACKPINK / ブラックピンク
(韓国YG Entertainment)

*ダウンロードのみの楽曲を1位に選ぶのは初めて!
でも、文句なしの楽しさ&カッコ良さは
今まで経験したことのない完成度だった~~~!
理屈抜きにカッコイイ楽曲の良さ~♪
そして、スキルの高すぎる4人の醸し出す一体感~
~文句なしの~ダントツ&ぶっちぎりの第1位!
タイで行われたYGエンターテインメントの
オーディションでただ1人の合格者である
リサのなめらかなRAP&カッコ良さは格別だ!
K-Popの最高峰たる~2NE1超えも時間の問題か!

2.「Page Two」
Twice / トゥワイス
(韓国JYP Entertainment)

TwicePageTwo.jpg

*韓国でもアジア全般的にも、一般的には、
文句なしの~~~ダントツの1位だろう!
もはや、社会現象化してるのも事実だから。
実際のところ、同一首位でもよかったのだが、
ハナの差というか、個人的な勢い差で2位にした。
Cheer Up ~ TT シングルの出来も最高だが
2ndミニアルバムもいい曲揃いで聴き応えあり。
ワンランク成長したメンバーの結束力も強固だ!
どんなイントロが流れようとも、即座に対応できる
パフォーマンス力も確実にアップしている!

3.「LOL~Lots of Love ver.」
GFriend / ヨジャチング
(韓国Loen Entertainment)

GfriendLOL.jpg

*さわやかな楽曲が揃った魅力的なアルバム。
メンバーの個性をもう少し出せたら最高~~~
おそらく、カンバックラッシュとなるであろう
来年が正念場になることだけはまちがいない!

4.「Windy Day」
OH MY GIRL /オーマイガール
(韓国Loen Entertainment)

OhMyGirl3.jpg

*北欧の風がはまった上品でおしゃれなアルバム。
ひとまわり成長したメンバーの力を出しきってるのだ!

5.「A New Trilogy」
LOVELYZ /ラブリーズ
(韓国Loen Entertainment)

LovelyzANT.jpg

*さわやかな清純派路線~凝縮120%のいいアルバム。
乙女チックなメンバーの変わらぬ可愛さに乾杯だ!

6.「Wow War Tonight~時には起こせよムーヴメント」
(girls ver.)
from Japan 2nd album「Runway」
AOA / エイオエー
(日本universal)

AOArunway.jpg

*日本盤セカンドアルバム「Runway」収録。
オリジナルをこれだけ凌駕するとは...まじびっくり。
AOAの代表曲になりえる凄い完成度なのだ!
来年(2017年)大きく飛躍する予感がする!!!

7.「miss me ?」
I.O.I / アイオーアイ
(韓国Loen Entertainment)

missme.jpg

*なんじゃこれっていう~シンセポップ大炸裂~
ポップでキュートなメンバーにも大きな拍手だ!

8.「Russian Roulette」
Red Velvet / レッド・ベルベット
(韓国SM Entertainment)

RedVelvet3.jpg

*ちょっぴり、ブラック&ヒールな感じが良し。
ひとひねりしたポップサウンドも最高だ!

9.「Shut Up」
Unnies / オンニス
(韓国music bank only...?)

unniesShuUp.jpg

*ティファニーがらみで知った謎のユニット。
ただ、心地いいfunkが病みつきに...?!

10.「TAXI」
Sunny Girls / サニー・ガールズ
(韓国Inkigayo Music Crush Pt. 2)

Sunnygirls.jpg

*今のK-pop...いかなるシャッフルにも
対応可能な逸材ばかりなのですよ...!
恐るべし!韓国音楽業界!

次点.「買!買!買!」
Lunar少女組合 /ルナ(中国)
Lunar.jpg

*日本でも多くの隠れファンがいる
上海のロコドルの元気いっぱいのシングル!
いまだに盛り上がらない停滞ニッポンに
渇を入れる衝撃的な一撃!
文句なしのスピード感がタマライ!

------------------------------------------------------------------
*2015年12月~2016年12月発売の作品から選考してます!
一応、順番をつけましたが、どれもいい作品ばかりです。
今年は、あっさりコメントver.です...お許しを...。

*どうしようもない偽善者たる~
パク・クネ大統領側近~発端の~
政治的には最悪な韓国の国状を、
反映することもなく...とっても元気な
K-Popのみの1年!K-Pop最高な1年でした!
チャイニーズポップスもタイポップもかなわない
K-Popしかない極上の1年でした~~~!!!

*親愛なるプミポン国王の崩御に関係なく
地に堕ちてしまったタイ音楽業界...
タイへは行ったが、CDは1枚も買わなかった。
...というよりも、買いたいCDがなかった。
...というよりも、リリースがないのだ。
悲しさ120%のタイ音楽業界なのですよ。
バンコク在住者はまだしも、日本で生活してる
私のようなタイ音楽マニアにとっては、
今後もツライ状況が続くと思うと絶望感のみの
最悪な将来展望しかない、悲しい現状です。
(裏を返せば、大きくリセットできる来年こそ
変革を遂げるチャンスの年でもある!)

*日本はまだかろうじて、CD販売が継続中ですが...
諸外国では~DL販売、ストリーミングが完全に中心となりました。
しかし、一部ジャンルでは、アナログ盤でのリリースもされるなど、
多種多様な方法で音楽が楽しめる時代になって、嬉しい限りです。
そして、Liveの重要性は、ますます強くなると思われます。
今年は体調がイマイチでイベント参戦もできなかったので、
来年こそ臨場感たっぷりのLiveステージをたっぷり楽しみたい~♪

*P.S.
明日のブログで、お気に入り書籍ベスト10を発表します。
あくまで、個人的なものですが、どうぞ、お楽しみに!!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

2016年度 お気に入り音楽ベスト10!(洋楽・邦楽)編

blackstar.jpg

1.「★」(Black Star)
David Bowie (デヴィッド・ボウイ)

*発売日(1/8)当日にタワレコで購入。
あまりの完成度の高さにびっくりした。
また一段スケールアップしたと思った!
その2日後の1/10に死去してしまった。
衝撃的な日々~毎日のように聴いた
後世に残る~名盤中の名盤だ~♪

2.「できれば愛を」
坂本慎太郎(さかもとしんたろう)

dekirebaaiwo.jpg

*ゆらゆら帝国時代からのファン。
なんともいえない間というか余白がいい。
ソロ3作目だが、ますます新境地突入だ!

3.「SPHERE」
WONK (ウォンク)

wonk.jpg

*Jazzを基盤にソウルやHipHopを飲み込む
雑食性とFUNKYな感覚が斬新でカッコイイのだ!

4.「機動戦士ガンダム サンダーボルト」O.S.T.
菊地成孔(きくちなるよし)

gandamu.jpg

*普通のサントラとは一線を画する
ドリーミーかつスペーシーな菊池ワールド炸裂。
大西順子という隠し味もいい塩梅で効いてるのだ!

5.「http://」
Daisuke Tsuneta Millennium Paradw (常田大希)

daisuke.jpg

*ちょっとアヴァンギャルドなコラージュ作品。
実験的な部分とポップな感性が合体だ!

6.「Keep Me Singing」
Van Morrison (ヴァン・モリソン)

keepmesinging.jpg

*なんともいえない節回し~最高。
超ベテランだが~声が素晴らしいのだ!

7.「Convergence」
Warren Wolf (ウォーレン・ウルフ)

warrenwolf.jpg

*今年いちばん聴いたジャズアルバム。
メンツも最高だが~vibeの響きがタマラナイのだ!

8.「Day Breaks」
Norah Jones (ノラ・ジョーンズ)

daybreaks.jpg

*なんか懐かしさすら感じる歌声。
弾き語りの王道、ここにあり。
美しいピアノの音にも癒されるのだ!

9.「Soul Eyes」
Kandace Springs (キャンディス・スプリングス)

souleyes.jpg

*ノラ・ジョーンズ直系の歌姫のデビューアルバム。
あたたかくてソウルフルな歌声が心に響くのだ!

10.「Cloak」
Jordan Rakei (ジョーダン・ラカイ)

cloak.jpg

*ジャズやヒップホップなどの要素が
交差する洗練されたトラックと
シルキーな至極の美声が織り成す珠玉の作品。
文句なしで独創的な楽曲勢揃いなのだ!

次点.
「辛夷其ノ壱」(初回生産限定盤B)2CD
こぶしファクトリー

kobushi.jpg

*捨て曲なしの文句なしのファーストアルバム。
パフォーマンス力も含めアイドルの中では
贔屓目に見ても~ダントツのトップなのだ!

------------------------------------------------------------------
*2015年12月~2016年12月発売の作品から選考してます!
一応、順番をつけましたが、どれもいい作品ばかりです。
今年は、あっさりコメントver.です...お許しを...。

*それにしても衝撃的な一年でした!
学生時代からずっと好きだったアーティストが
次から次に亡くなってしまいました。
本当に悲しさあふれる忘れられない2016年でした。
デヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、プリンス、
レナード・コーエン、レオン・ラッセル etc...

*日本でも、ようやく定額サウンドサービスが
定着しつつありますが、いろいろありすぎて
どれを選んでいいかわからず、ちょっと白け気味。
Apple Music,Amazon Prime Music,AWA,
Google Play Music,LINE Music,
KKBOX,そして、spotify...etc
もちろん私は、現物第一主義継続中です!

*日本はまだかろうじて、CD販売が継続中ですが...
諸外国では~DL販売、ストリーミングが完全に中心となりました。
しかし、一部ジャンルでは、アナログ盤でのリリースもされるなど、
多種多様な方法で音楽が楽しめる時代になって、嬉しい限りです。
そして、Liveの重要性は、ますます強くなると思われます。
来年も臨場感たっぷりのLiveステージをたっぷり楽しみたい~♪

*P.S.
昨年同様、アジア音楽は、別枠にしました。
明日のブログで、アジア音楽ベスト10を発表します。
あくまで、個人的なものですが、どうぞ、お楽しみに!!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

新年あけましておめでとうございます!

YearOfMonkey2016.jpg

新年あけましておめでとうございます!

昨年は、ほんとうに、ご愛顧ありがとうございました。
本年も皆さまに愛されるようにがんばりますので、
「アジア書林」を、どうぞよろしくお願いいたします。

今年は、申年(サル年)ということで、
猿ジャケ、でも、それだけじゃつまらないので
お猿さんにちなんだ愛聴盤LPとCD...
それに、愛猿ちゃんに登場してもらいました~♪

*ディック・リー「Year of Monkey」
私をアジア音楽に導いてくれた恩師の名盤!

*ジェームス・テイラー「Gorilla」
捨て曲なし~文句なしの大名盤!
不思議なタイトルは、たまたま行った
動物園のゴリラの檻の前でひらめいたという。
ノーマン・シーフ撮影のジャケも素敵!

*もんちっちxタワレコの コラボぬいぐるみ。
名前は「タワチッチ」というます~よろしくね!

今年も、昨年同様、私は、あまり無理せず
自然体で、マイペースで、走り抜けたいです~!

Happy New Year everyone!
May 2016 bring you and your family a healthy,
happy and prosperous year.

สวัสดีปีใหม่แด่เพื่อนทุกคน~!(((o(*゚▽゚*)o)))

全人類に、平等に、同じだけの、365日が与えられます。
どうせなら、楽しく、有意義な日々を送りましょう。
人生は、健康で、楽しんだ人が勝ちなんです!!!
あまり思い悩まず、考え過ぎず、ゆっくりでもいいから、
前に一歩ずつ、進んでいきましょう~~~!!!
  from ちょっと表情が沈んじゃってる私

koba2016.png

....ということで...
家にいる守り神のフクロウくん~頼みまっせ!

*不苦労⇒苦労しない!
*福籠⇒難を免れる!
*福来郎⇒福を呼ぶ 福 老!
*富来老⇒豊かに年をとる!
*福 路⇒旅の安全、人生の幸せ!

FukurouHappy.jpg

●業務連絡です●
新年の業務開始・発送は、1/4(月)からとなります。
商品到着まで、今しばらくお待ち下さいませ。

10258781_677652728960573_863706712437030582_n.jpg

それでは、みなさま、カゼなどひかぬよう気をつけて、
楽しいお正月をお過ごしくださいませ~ (*^_^*)
今年が皆さまにとって、最良の年になりますように、
秘密の隠れ家より~お祈り申し上げます!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

今年も一年間、ご愛顧ありがとうございました!

rokkotsu.png

いよいよ、今年も終わりです。
皆さんにとって、どんな年でしたか?

日本では、アベノミクスのメッキも剥げ、
さまざまな嘘やパクリ、偽装も露見しました。
何を信じていいのかわかない...
老若男女がスマホ片手に右往左往~
一億総知ったか状態が継続進行中です!
ほんと、莫大な情報だけが、四六時中流され
一般の真面目な市民を翻弄し続けました。

世界経済も、いいんだか or 悪いんだか、
いまひとつわからない~不安定な一年でした。
それに、異常気象に伴う自然災害も多かったし、
目を背けたくなる様なテロやきな臭い紛争も、
世界中そこかしこで、ウンザリするくらいありました。

個人的には一年を通して、ほぼ健康だったのですが、
最後の最後の12月に、やらかしちゃいました~!
夕方の時間帯に、道路で変な転び方をした際、
左側の肋骨4本を骨折してしまいました!
(6番・7番・8番・9番)とにかく痛いのなんの!
合併症が心配だったのですが大丈夫でした。
まあ~不幸中の幸いでした。でも、もう~最悪!
自業自得ですが、全神様・全仏様を恨んでおります?!

オンラインショップは、無事に13周年迎えることができ、
貧乏だけど、幸せな年であったと思います。
また、他業種の方と組んだお仕事の方も、
昨年同様、いや、昨年以上の高い評価を頂きました。
...でも、商品を海外から輸入してる私にとっては...
「円安」というのは、まさに、百害あって一利なしでした!
最終利益は、前年は上回るも、悪かったですね(◕︵◕)

今年も、大好きな旅行には、あまり行けなかったけど、
素敵な本や音楽、LiveやARTにも、めぐり合うことができ、
身近な“トリップ”はいっぱいできたような気がします!

アジア書林を支えてくれた、多くのお客様には、
感謝してます~心からお礼を言いたいです。
本当に応援していただき、ありがとうございました!

来年が皆さまにとって、最良の年になりますように、
神奈川の地よりお祈り申し上げております!!
楽しかった思い出だけを抱いて~おやすみなさい~
...と言いたいところだが...実は、寝るときが、
いちばん痛いのですよ!ああ~憂鬱な大晦日!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

2015年度、お気に入り書籍ベスト10!

ryu.png

1.「流」
東山彰良(講談社)

*1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、
愛すべき祖父は何者かに殺された。内戦で敗れ、
追われるように台湾に渡った不死身の祖父。
なぜ?誰が?無軌道に生きる17歳のわたしには、
まだその意味はわからなかった...。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。
歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。

2.「火星に住むつもりかい?」
伊坂幸太郎(光文社)

Kaseinisumu.png

*この状況で生き抜くか、もしくは、火星にでも行け。
希望のない、二択だ。密告、連行、苛烈な取り調べ。
暴走する公権力、逃げ場のない世界...。
しかし、我々はこの社会で生きていくしかない。
とっても不安をあおられる近未来警察小説。

3.「紋切型社会」
武田砂鉄(朝日出版社)

monkirigatashakai.png

*「育ててくれてありがとう」、「全米が泣いた」、
「国益を損なうことになる」、「会うといい人だよ」、
「ニッポンには夢の力が必要だ」、「うちの会社としては」、
などなど...あらゆるメディアが安易に使う
定型表現や、宣伝広告のコピー文句を...
ひとつひとつ俎上(まな板の上の鯉状態)に載せて、
その問題点を切り出していくという趣向の好著です。

4.「30万人都市 が日本を救う!」
飯田泰之・田中秀臣・麻木久仁子(藤原書店)

30mannintoshi.png

*消費税増税によって一気に迷走状態に転落した国内経済と、
中国・欧州など世界的な政治・経済環境の不安、
その一方で、不可避に迫る人口減少と「地方の衰退」という、
短期・長期両面の問題に直面する日本は、
“デフレ脱却”の先にいかなる対策を打ち出すのか?
縮小化する日本の「着地点」をクリアに論じた必読の一書。

5.「呪文」
星野智幸(河出書房新社)

jumon.png

*誰もがスマホやSNSに深く依存する
情報化社会の闇の部分を描いた
ディストピア小説の傑作だ。
ヘイトスピーチや、弱者へのバッシングなど
ネット社会のかかえる便利さの「反面」が
じわっと、何もできない自分自身に染み込んでくる。

6.「円空を旅する」
井上雅彦(美術出版社)

enkuwotabisuru.png

*大好きなマンガ家・井上雄彦が
江戸時代に12万体もの仏像を彫った
「円空さん」に出会う~スケッチ紀行。
北海道、青森、岐阜、愛知、滋賀、三重を
訪ね歩いて見た仏像の数、約1400体。
描き下ろしスケッチ72ページも必見ですよ!

7.「紙の動物園」
ケン・リュウ(早川書店)

KaminoDoubutuen.png

*大人気の、テッド・チャンに続く
中国系アメリカ人のSF作家、ケン・リュウの
日本オリジナル短篇集。珠玉の15篇だが、
私は...中国の片隅の村で出会った妖狐の娘と
妖怪退治師のぼくとの触れあいを描く...
「良い狩りを」が、いちばんのお気に入り!

8.「仮面病棟」
知念実希人(実業之日本社文庫)

KamenByoutou.png

*療養型病院に強盗犯が籠城し、
自らが撃った女の治療を要求した。
事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は
女を治療し、脱出を試みるうち、
病院に隠された秘密を知る...。
閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。
そして迎える衝撃の結末とは...。

9.「脱東京」
本田直之(毎日新聞出版)

DatsuTokyo.png

*東京から各地域に移住し、
自分らしいクリエイティブな生き方・働き方を
実践することに成功した14人のインタビュー集。
価値観の多様化と、どこで暮らしていくかの自由!
新しい国内移住のスタイルが見えてくる。

10.「必要十分生活」
たっく(大和書房)

takku.png

*バスタオル、机の引き出し、プリンター、ペン立て、
掃除機、思い出の品、収納グッズは人生に不要。
靴は3足、下着は3枚、ペンは2本あればいい!
電子書籍の個人出版で異例のベストセラーを
記録した作品の書籍化されたものです。

次点.「百万畳ラビリンス」
たかみち(Kindle版)

takamichi.png

*人と関わるのが苦手な礼香は
ゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていたが、
ルームメイトの庸子と共に
木造迷路に迷い込んでしまい...
SFファンタジー傑作です~!

------------------------------------------------------------------
*2014年12月~2015年12月発売の作品から選考してます!
一応、順番をつけましたが、どれもいい作品ばかりです。

*昨年同様...純文学も、ミステリーも、エッセイも、
ノンフィクションも充実した一年だったが、
私が歳をとったせいか、読書量は、めっきり減ってしまった~
今年も年間100冊を割ってしまった~これマジ悲しい!

*本の世界は、本当に奥が深い。
紙の力は無限大だと、ここにきて再認識している!
SNSや各種動画、そして、2.5次元舞台の
あま~~~い...誘惑に負けることなく...
来年も読書の快楽に、どっぷり浸かりたい!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

2015年度、お気に入り音楽ベスト10!アジア編

MCL2015.jpg

1.「The Man City Lion Project」
-Chai Muangsingh Tribute Album-
Rsiam All Stars (タイ R-siam)

*タイ・ルークトゥン界の大御所~
チャーイ・ムアンシン(ชาย เมืองสิงห์)への
リスペクトを込めた~スペシャルアルバム。
昔のムード歌謡やキャバレーな雰囲気が
そこかしこに醸し出されているし~
エレクトリック+レトロな感じがほどよく
ミックスされてて絶妙な仕上がりです!
フルオーケストラとDJセットをバックにした
この盤を再現した~豪華絢爛なステージを
ぜひとも見たい~同時発売のDVDも最高!

2.「Sao Kai Whee」
モッデン・ジラポン(タイ TOPLINE)

MDJ.jpg

*現在、タイのモーラム界ナンバー1の歌姫
と言っていい凄いねーちゃんのズバリ名盤!
歌の上手さ、ノリの良さ、多彩な楽曲...
ほんと文句のつけようのない好内容だ。
中身は良しだが、ペラ紙のみで嫌な臭いのする
ジャケとすぐに割れてしまう安いプラケース~
何とかならんかのお~Topline社長さん?!

3.「Yoo Yen Pen Sode」
インリー・シーチュンポン(タイ GMM Grammy)

YSC2015.jpg

*持ち味だったエロくてスピード感のある、
イサーン・ラムシン・モーラム色は激減したが、
非常に完成度の高い、いいアルバム。
上品かつ計算されたアレンジが特長の、
新たな~おしゃれ系ルークトゥン...
いや、新しいタイプの、タイポップス誕生だ!

4.「Hi-Fi Thai Country 3D VOL.2」
ハイファイ タイ カントリー(タイ Baichasong)

HiFiThaiCountryvoL2.jpg

*薄い紙ジャケの前作も良かったが、
2作目も~古き良き時代のほんわかさと~
成長したメンバーたちの現代感覚が融合して
いい感じにミックスされて音質もアップです。
本当に癒される~まったりルークトゥン名盤!
インディーレーベルの“Baichasong”には
このほかにも良質な作品がたくさんある!

5.「Yark Lub Ta Nai Aom Kord Ter」
タカテーン・チョラダー(タイ GMM Grammy)

TC2015.jpg

*前二作が、あまりにも完成度が高かったため
ちょっぴり、物足りなさはあるものの...
やっぱり、そこは女王、タカテーン姉さん~
しっかり手堅く~まとめ上げてくれてます。
個人的には、もう少し、明るめの踊れる
ダンスナンバーを歌って欲しいですが...。

6.「Fark Wai Nai Paen Din-Pongsak Jantaruka」
2CD V.A.Grammy Gold All Stars(タイ GMM Grammy)

pongsak.jpg

*大作曲家、ポンサック・ジャンタルカー先生への
愛情たっぷりの~トリビュート盤(2CD)です。
大好きな~クルーサラー&アーチャンボーイの
隅々まで目配りの効いた丁寧な仕事が光っている
心をこめて紡ぎ上げられた~至玉のトリビュート盤!
ポンサック先生のご冥福を心からお祈り申し上げます。

7.「AMIT2」
張惠妹・Amit/A-mei(台湾 Universal EMI )

amita2.png

*張惠妹(アーメイ)が原住民族の名前
“阿密特”(アミト)として発表した第2弾。
とにかく完成度高く~最高にRockな作品!
昨年、発表の「偏執面」がいい出来だったので、
アーメイとしての、新作も楽しみだ~♪

8.「Flower Bud」
GFriend/ヨジャチング(韓国 KT Music)

GFriend2nd.png

*どこか懐かしさを感じさせる清純派グループ
GFriendの2ndミニアルバムです。
歌もダンスも~もうとにかく可愛い~
全力投球でガンバッテル姿が最高!
この“つぼみ”が今後どう花開くか~
とっても楽しみな今日この頃です!!!

9.「The Story Begins」
TWICE/トゥワイス(韓国 JYP Entertainment)

Twice1st.png

*JYPのオーディション番組「SIXTEEN」で
合格したメンバーで結成されたグループの
ファッショナブルな1st ミニアルバム。
ちょっと、E-Girlsな感じも否めないが...
個性派揃いなので~今後の展開が楽しみ!

10.「Pleng Kong Chun Pleng Kong Ter
Pleng Kong Rao vol.1 - vol.3」3CD !
V.A.(タイ GMM Grammy)

GMM20th.png

*GMM / Grammy Gold 20周年記念の
メモリアル・アルバム(3枚組)です!
ベテラン・中堅勢の手堅い秀作ばかりだが
三位一体の攻撃なので、やはり、10位どまり。
個人的には、パオ、ウンクワン、カオティップ、
そして、期待の新人・Mew Ornpasyarnが
入ってる...VOL.2 が お気にいりです!

次点.「พลังงานจน」(パラン・ガン・ジョン)
Labanoon feat.パオワリー・ポンピモン(タイ GMM Grammy)

Labanonn Pao

Labanoon.jpg

*富める者と貧しき者、真の幸福とは...
日本同様、大都心に富が一極集中する
タイの現実、経済格差を見事に描いた
大好きな作品~私の今年の一曲は~
まちがいなく、この曲で決まりだ!
想像してた以上の素晴らしい出来に大満足!
やっぱり、パオは華があるしモノが違う~♪
どんな大物でも、どんなジャンルの歌手と
絡んでも~自分を見事に表現できるのだ~
モノクロとカラーのコントラストが絶妙なMVも最高!



------------------------------------------------------------------
*2014年12月~2015年12月発売の作品から選考してます!
一応、順番をつけましたが、どれもいい作品ばかりです。

*昨年は、客船「セウォル号」の沈没事故の影響で
自粛ムードで元気がなかったK-POPですが、
今年は、その反動からか、Pop/Hip Hopともにブレーク。
特に、ガールグループは、そのどれも、質が高く、
歌もダンスも最高~しかも可愛いさ大爆発でした!

*AOA、Apink、April、CLC、
DIA、f(x)、GFriend、Lovelyz、
Oh My Girl、Red Velvet、Twice...
などなど、もう誰が誰だか
わからない状態なのだ...!

*タイ音楽は、ルークトゥン・モーラムに、
いい作品が多かったが、単独アルバムでの
リリースが一気に減ってしまい、がっかりだ!
ベスト盤やコンピレーション盤、そして、
ありがた迷惑な・詰め込み主義の「MP3」
(日本のCDプイヤーでは再生不可)と、
日本では、通常のDVDプイヤーで再生できない
PAL方式のDVDだけになってしまいげんなり状態!

今年のTOPLINEの快進撃はホント凄かった。
本当のタイスタイルを忘れていない姿勢に拍手!
今後は...便利なバンコクだけではなく、
タイ東北部・イサーンの現場でLiveを楽しみたい~♪
少数生産されたインディー盤CD集めにも奔走したり
古きよき時代のレコード盤漁りの旅もしたい!

*ずっと大好きだった~RS kamikazeは、
大好きだった、Neko Jumpも解散しちゃったし、
ジャニーズ路線に大きく舵を切った感じで、
一気に興醒めしてしまいました...。
Thank You ちゃんがリーダーって大丈夫かよ?!

タイポップ全般的にも、入れ込めるアーティストが
いないのが現状で、今後も面白い子が
出現するとは思えないのが正直な気持ちだ。
とにかく、ガールグループやユニットが
長持ちしないので、ほんとがっかりしちゃう!

*今年は、中国・香港・台湾の歌手の作品は
ほとんど、聴かなかったし、CDも買わなかった。
ただ、配信のみのインディーズ系Rockバンドに
オモシロイ奴がいるので~ぜひ現地調査したい!

*来年は、南インドやミャンマーも再訪したいし、
インドネシアのインディーROCKにも注目したい!

*P.S.
明日のブログで、お気に入り書籍ベスト10を発表します。
あくまで、個人的なものですが、どうぞ、お楽しみに!!

☆「アジア書林」の出品商品が、ご覧になれます。

     下記バナーをクリックしてみてください。
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

マイ・オークションをごらんください

*CommentList

左サイドMenu

◆お知らせです◆

 ☆アジア書林は
 ヤフオクにて営業中!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

マイ・オークションをごらんください

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 ☆アジア書林は
 ヤフオクにて営業中!

☆アジアの本&CDを出品中です!!

プロフィール

アジア書林☆asia shorin

Author:アジア書林☆asia shorin
アジアの本とCDの専門店
オンラインSHOP 「アジア書林」 の
店主・シャオリン(愛称)です。
アジアの国々を旅するのが大好きな
バックパッカーでもあります。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のトラックバック

右サイドメニュー

My♥Recommend♥Books

メールはこちらから

ご意見・ご質問などお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。